セブ情報

フィリピン・セブ島のATMでお金を下ろす方法を写真付きで【超簡単】

セブ島お金を下ろしたいけど、どうやって下ろすんだろう
難しいのかしら?

この記事をよめばセブ島で、簡単にATMでお金がおろせるようになります。

実際に私も初めはかなり不安でしたが、とても簡単なので安心してください。

セブ島に長期滞在したい方や、移住したい方、現金で大金を持っていくのは不安な方は現地のATMで引き出す事をオススメします。

画像付きでわかりやすく説明していきたいと思います。

セブ島のATMでお金を下ろす方法

まずはお金を引き出す際に、必要となるものを説明していきます。

セブ島のATMでお金を下ろす際に必要なもの

まずお金を下ろす際には、カードが必要ですよね。

カードといっても現地の銀行を開設する必要はありません。

ひとみ
ひとみ
日本で簡単に用意が出来るので、安心してくださいね。

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードは審査などの面倒な手間がなく、誰でも簡単に作ることができます。

実際の口座は日本にあり、海外でその口座からお金を引き出すことができるという事です。

私の場合は、ソニー銀行のカードを持っています。

日本にいる時に、その口座にお金を入れておいてセブ島のATMを使って下ろしています。

クレジットカード

必ず海外キャッシング機能がついているカードか確認してください。

実際に私の持っているカードでは、キャッシングの方が手数料が安く済むのでキャッシングでATMで下ろしています。

ひとみ
ひとみ
ちなみに私は楽天カードです。

セブ島ATMでお金を下ろす手順

今回はBPIという銀行のATMを使って説明していきます。

他にもATMの種類はありますが、VISAやPLUSのロゴがついているATMであれば、どのATMでもお金を引き出すことが可能です。

こんな感じです。

JCBもMasterCardも使えるという事ですね。

ATMによって手順や画面は違いますが、ほとんど内容は同じですので安心してください。

ちなみに、ATMはこんな感じでモールの中などにあります。

こちらはアヤラモールの1階。

アヤラモール内にはいくつかのATMが設置されていますが、銀行によって引き出せる金額は異なります。

今回紹介するBPIは20,000ペソまで下ろすことが出来ます。

BPI以外の銀行のATMでは、上限10,000ペソのATMが多い印象です。

それでは早速、ATMの使い方を紹介していきますね。

初めにカードを挿入します。

そうするとこの画面になります。

次に、ENGLISHを選択します。

10,000ペソまでしかボタンはありませんが、ENTER WITHDRAWAL AMOUNTを選択すると自分で入力できる画面に移動します。

そこで下ろしたい金額(上限20,000ペソ)を入力してください。

レシートが必要な方はYESを選択してください。

私は一応貰っておきますが、あとで捨てます・・・(笑)

次は、暗証番号の入力です。

カードを作った際に自分で設定した、暗証番号4桁を入力してください。

  • CURRENT(当座)
  • SAVINGS(普通)
  • CREDIT(クレジットカード)

このどれかで引き出す事になると思います。

クレジットカードのキャッシング機能を利用する方はCREDIT。

国際キャッシュカードでお金を引き出す方は、CURRENTSAVINGSを選択します。

250ペソ(約500円)の手数料がかかりますが、よろしいですか?という案内が出るのでよければYESを押します。

そうすると自分の入力した金額が、フィリピンペソで出てくるのでこれで無事完了となります。

手数料がかなり高いので、1回で上限まで下ろす事をオススメします!

20,000ペソを下ろしてからもう1度カードを入れると、もう20,000ペソ引き出す事ができました。

それ以上は試したことはないです。

大金を下ろしてから、家に帰るまでは十分に気をつけてくださいね。

もし仮に打ち間違えたりしても日本と同じようにクリアで文字を消したり、キャンセルを押せば元に戻りますので落ち着いてください。

いろは
いろは
ママ焦ってたよね・・・

最後に

今回はセブ島のATMの使い方についてご紹介させて頂きました。

初めてATMを利用する際は、緊張する方もいると思います。

「分からなかったらどうしよう・・・」「本当に下ろせるのかな・・・」

と思う方もいると思いますが、この記事通りに進めていけばとっても簡単なので安心してくださいね。

是非参考にして現地のATMお金を下ろしてみてくださいね。

ABOUT ME
HITOMI
HITOMI
フリーランスとして田舎を拠点に働くシングルママ。小学4年生の娘とセブ島親子留学4校経験、セブ島に9ヶ月間住んでいました。子育て、執筆、映像作成、SNS運用などいろんなことに挑戦しています!
こちらの記事もおすすめ!