おとな英語学習

自分の英語に自信がつく!ネイティブキャンプのスピーキング教材3選

ネイティブキャンプを始めたけど、スピーキング力の伸びを感じない。
いろんな教材に挑戦してるけど結局何が正解か分からず、慣れた教材ばかりやってしまう。
自信を持って、言いたいことを英語で言いたい…

そんな悩みを抱えていませんか?

実は、これからおすすめする3つの教材で、スピーキング力を向上させることができます。

実際に私はネイティブキャンプを始めてから3年が経ち、今では自信を持って英語で意見を言えるようになりました。

今まで受けてきたトータルのレッスン数は400回を超えています。

ネイティブキャンプ

言いたいことが言えないもどかしさを経験し、ネイティブキャンプにある全ての教材を受講!

その結果、ある3つ教材でスピーキング力が上がると確信しました。

結論から言うと、その教材は

・5分間ディスカッション
・トピックトーク
・スピーキング

この3つです!

もしネイティブキャンプを使ってて、スピーキング力の伸びを感じられない人がいたら、今紹介した教材を是非試してみてください。

そうすれば、スピーキング力の伸びを実感出来ます。

そこで今回は3つの教材の

・レッスンの流れ
・効果的な受け方

について紹介していきます!

ネイティブキャンプの登録がまだな方は、公式ページから教材を確認することができます。

\ 7月31日まで 5,000ポイントGET /

スピーキング力を伸ばすために必要なマインドとは?


ネイティブキャンプのおすすめの教材を紹介する前に、スピーキング力を伸ばすために『必要なマインド』について紹介します。

これを覚えておくだけで、成長のスピードが大きく変わります!

せっかく学ぶなら時間を無駄にせず、効率よく学びたいですよね。

それではさっそく必要なマインドを見ていきましょう。

『英語はコミュニケーションのためにある』という考え方

まずは『英語はコミュニケーションのためにある』という考え方を理解していきましょう。

英語はただの勉強ではなく、言語です。

言語ということは伝えたい相手が存在します。

私たちも日本語を話す時、誰かに伝えたい、自分の思いを言葉にしたいと思い、話しますよね。

それと同じで英語も『国籍の違う相手に自分の言いたいことを伝えるため』に使います。

なのでひたすら英文法の勉強だけをしていても、伝える力は身につきません。

例えば街を歩いていて、通りすがった外国人に『How can I get to the station?(駅までどうやって行けばいいですか?)』と道を聞かれたら、どうでしょう?

文法よりも大切なことは、目の前にいる人に情報を伝えることですよね。

なので英語は、相手に自分の思いを伝えるための道具ということを頭に入れておいて下さい。

受け身ではなく自発的に話す

英会話が伸びるときは、受け身ではなく自発的に話した時です。

それは、人は自ら学ぶようになることで「必要性」を感じて学習するため、知識が定着しやすくなるからです。

『先生に教えてもらえればいいや』
『とりあえずレッスン受ければいいや』
『先生をリピートするだけでいいや』

このような考えを持っている人は、なかなか伸びません。

それはただ “英語を勉強した気になっている” だけで、頭にはしっかり入っていないからです。

『このレッスンで新しい表現を絶対に学ぼう!』
『この単語ってどうやって使うんだろう?』

というように自ら英語に興味を持って、学ぶ姿勢が大切です。

自発的に学ぶようになると知識も定着しやすくなり、英語力の伸びを実感できます!

以上を踏まえて、ネイティブキャンプでスピーキング力を伸ばせる3つの教材について、詳しく見ていきましょう。

・新規登録で、7日間の無料体験ができます。7月31日まで1,000pt → 5,000pt に増量中。
> 公式ページはこちら

ネイティブキャンプ:スピーキング力が伸びる3つの教材

ネイティブキャンプ
冒頭でお伝えしたように、ネイティブキャンプでスピーキング力が伸びる教材は

・5分間ディスカッション
・トピックトーク
・スピーキング

の3つです。

この3つの教材では、自分で意見を考え、それを英語で伝える練習ができます。

実際に私は3つの教材をコツコツと受けてきましたが『自分の考えを英語で伝える』という自信がつきました。

それでは実際にどんな教材なのか見ていきましょう!

①5分間ディスカッション


最初におすすめしたいのが『5分間ディスカッション』という教材です。

この教材では1つのトピックに対して、5分間意見を言う練習ができるので『自分の意見を英語で考える力』が身につきます。

たとえば、Animalを選ぶと『What animals do you like? Why?』というような質問をされます。

その質問に対しての答えを考え、講師に伝えます。

わからない時は単語だけでも伝わればOK!

このように質問に答える練習をしていると、徐々に自信をもって自分の考えを話せるようになります。

実際のレッスンの進み方


まずはじめに、レッスン前に『5分間ディスカッション』の教材を選択します。

1〜21番までありますが、1番は100個のトピックが載っていて選ぶのが大変なので、2番から進めていくのがおすすめです!

ちなみに2番はこんな感じ↓

25分のレッスンの中で、2つのトピックについて話します。

基本的なあいさつが終わると、『What topic do you want to talk about?(何のトピックについて話したい?)』と聞かれるので、『I would like to talk about “トピック名”.』と答えましょう。

そうすると、講師がトピックに関する質問を5~7個してくれます。

聞き取れなかったらどうしよう…

聞き取れない時は、チャットボックスにタイピングしてもらえばOKです。

質問に答えたあとは講師が、文法や単語の間違いを修正してくれます。

このように自分の考えを英語で伝える練習をすることで、自分の考えもまとまり、英語力も伸びます。

おすすめの『5分間ディスカッション』の使い方

5分間ディスカッションのおすすめの使い方は、『好きなトピック』を中心に進めることです。

その理由は、興味があるトピックは日本語で話していても面白く『英語でも伝えたい!』という意欲が湧くからです。

なので1から順番に受講する必要はありません。

ちなみに私は100個のトピックを全て受けましたが、自分のすきなExperienceGoalのトピックは5回ずつ受けました(笑)

自分の好きなことを話せるようになると、英語へのモチベーションもあがるので、是非5分間ディスカッションで好きなトピックについて話してみてください。

身に付くスキル

・ディスカッション力
・発音・文法力
・語彙力の強化



②トピックトーク


次におすすめしたい教材が、『トピックトーク』です。

この教材では、新しい語彙を身に付け、英会話力を磨くためのトレーニングができます。

実際に、即興で行われるロールプレーやストーリー作成などのアクティビティがあり、表現力も磨かれます。

実際のレッスンの進み方

トピックトーク教材は4つのパートに分かれています。

教材ごとにトピックが異なりますが、今回は1番の Colors を見ていきましょう。

❶Warm-up

ウォームアップでは、画像を見て思いつく英単語を、1分間で出来るだけ多く言います。

あまり難しく考えず、ゲーム感覚で行うと楽しめます。

❷Words / phrase

次に新しい単語や表現を学び、それぞれ例文を作る練習をします。

ただ意味を理解するだけでなく、文章を作って使い方を学ぶことで定着率が上がります。

❸Role play / Story

教材によって、ロールプレーを行う場合と、ストーリー作成を行う場合があります。

実際に日常で出てきそうなシチュエーションで、実践的に英会話を学ぶことができます。

例えばロールプレーでは、このような問題があります↓

A. 娘に自転車を買おうと思いますが、何色か迷っています。
B. Aさんのためにひとつ選び、アドバイスをします。

講師がA、生徒がBのような形で会話の練習をします。

❹Discussion

最後に、今回のトピック (Colors) について講師と『ディスカッション』をします。


なるべく今回習った英単語を使って、定着率をさらにUPさせましょう!

25分のレッスンで

・新しい単語
・文章を作る力
・意見を伝える練習

を学べるので1回でも、かなり濃いレッスン内容になっています。

おすすめのレッスンの受け方

トピックトークのおすすめの受け方は、事前に予習しておくことです。

まず、ネイティブキャンプでは教材をいつでも見ることができます。

先ほど紹介した❶〜❹のパートの答えを事前に練習しておくことで、レッスン中も焦らずに済みます。

さらに、自分で考え(インプット)先生に伝える(アウトプット)ことで、『 伝わった 』という喜びが味わえるんです。

英語学習をする上では、このような『通じた!』という感覚が、英語を学ぶモチベーションにつながるので、是非予習をしてトピックトークに挑戦してみてください。

身に付くスキル

・ディスカッション力
・語彙力の強化
・会話瞬発力

③スピーキング


最後におすすめしたい教材は『スピーキング』教材です。

この教材では、日常英会話力を鍛えることができます。

英会話では必須の 5W1H を使った質問や、こういう状況ではなんと言う?といった実際にありそうなシチュエーションをイラストと一緒に学びます。

なので基本的な日常英会話スキルを身につけたい方には、とくにおすすめです。

実際のレッスンの流れ

スピーキングの教材は、さまざまな写真を見て質問に答えていく教材です。

今回は、スピーキング1-7の 『What did you do yesterday?』 の教材を見ていきましょう。


一番最初に例文が出てきます。

例文を見て質問に対する答え方を確認します↓

講師といっしょに例文をチェックしたら、早速質問に進んでいきます。

画像のような写真付きの質問が7~9個あり、順番に答えていきます。

回答の文法や発音が間違っているときは、講師が修正してくれます。

おすすめのレッスンの受け方

スピーキング教材のおすすめの使い方は、先ほどのトピックトークと同じで『予習をすること』です。

質問に対しての答えを先に用意しておくことで、レッスンがスムーズに進むからです。

例えば 『What did you have for breakfast?』という質問に対して、何を食べたか英語で考え、パソコンのメモやノートに書き出しておきます。

そうすることで、レッスン中に分からなくなった時も落ち着いて進めることができます。

ぜひスピーキング教材を受ける際は、予習をしてレッスンを受けてみてください。

身に付くスキル

・日常英会話
・文章を自分で作る力
・意思、考えを伝える能力

まとめ:ネイティブキャンプでスピーキングを伸ばすために

いかがでしたか?

今回紹介した3つの教材を受けることで『自信を持って英語で意見が言えるようになる。』ということをおわかりいただけたと思います。

ただ、1回受けて伸びを感じるものではありません。

トライ&エラーで『継続してスピーキングを強化』していくことで、自分ならではの英語表現が身についていきます。

それでは忘れないうちに、もう一度確認しておきましょう。

英語を学ぶ上での大切なマインド
・英語はコミュニケーションのためにある
・英語は言語なので誰かに伝えることがゴール
・自分から積極的に学んで定着率UP
・英語に興味を持ってレッスンを受ける

スピーキング強化教材
・5分間ディスカッション
意見を英語で伝える力がつく
・トピックトーク
語彙力・文章を組み立てるスキルがつく
・スピーキング
日常英会話が学べる

ぜひ、今回紹介した教材を使用して、スピーキング力をUPさせてくださいね。

\ 7月31日まで 5,000ポイントGET /

 

【無料配布】英語初心者が覚るべき動詞15選|レベル1|動作動詞編 今回は、英語学習を始めたばかりの方のために「 初心者が覚えるべき動詞15選 」というPDFファイルを作成しました! このフ...
ABOUT ME
HITOMI
セブ島親子留学4校・移住経験あり・娘はバイリンガル小学生。現在は日本で、オンライン英会話運営・動画編集・ブログ運営をしているシングルママ。好きな言葉は『 Everything happens for a reason. 』
Advertisement