セブ島情報

セブ島の治安は大丈夫?実際に起きた体験談と対策を紹介します!

悩む人

セブ島って治安は大丈夫なの?


これからセブ島に旅行や、留学に行こうと思っている方は気になりますよね。

私はセブ島に小学生のむすめと9ヶ月間住んでいましたが、命の危険を感じるような出来事は1度もありませんでした。

ですがスリ置き引きなどの軽犯罪は頻繁に起きているのが現実。日本人はとくに危機感がないので対象になりやすいんです。

そこで今回は私が行なっていた簡単な対策を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

セブ島の治安の現実


セブ島の治安は、いうほど悪くはありません。子連れ旅行でも人気があり、年間数多くの留学生も来ています。町を歩けば「あ…あの人日本人だ!」と思うほど日本人の割合が増えてきました。

ですが、日本とは全く違います!セブ島は発展途上国という事を忘れず警戒心を持って生活することは大切です。

それでは対策について詳しく説明していきますね。

セブ島:スリ対策

セブ島の軽犯罪でよく聞くのがスリです。

私自身はスリにあったことはないですが、セブ島で実際にスリにあったという話は何回か聞いたことがあります。

悩む人

どんな風に盗まれたの?

実際に盗まれた方の話を紹介します。

レストランに入り、トイレに行く際に携帯を机の上に置いて離れてしまった。帰ってきたら携帯はなくなっていて、店員さんに聞いても誰も知らなかった。(20代男性)

リュックを背負い、ローカルな道を友達と歩いていました。気づいたらリュックが開いていてフィリピン人の知らない人が「開いてるよ」と教えてくれて急いで確認したけど、携帯が無くなっていました。(40代女性)

シノログフェスティバルに行った時に携帯をポケットに入れて歩いていたら、ストリートチルドレンに手を突っ込まれて携帯を取られてしまった。(20代男性)

実際にこのような話は何件もあるのが現実。

この経験から気をつけなければいけない事は以下です。

スリ対策:ポケットに携帯や財布をいれない

ポケットには何も入れないでください。
盗まれる可能性90%です!

参考までに、私はこちらのボディバッグを使用していました。

目の届く範囲にあると安心です。

ショッピングモール内などの公共の場では聞いた事はありませんが、ローカルな地域でポケットに手を入れらるという話を聞いたことがあります。

さらにセブ島の最大のお祭り「シノログフェスティバル」はかなりの人混みなので、それに紛れて盗みを働く子供や大人がいるので注意してください。

ポケットに大事なものは入れない!を心がけましょう。

ボディバックは一つあると安心ですよ。

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)
¥5,104 (2021/11/11 16:00時点 | Amazon調べ)

スリ対策:携帯や財布を机の上に置かない

携帯や財布を机の上に置いたまま、席を離れないでください。

少しくらい…と思うかもしれませんが、自分の目の前に携帯があっても盗まれることもあるんです…

置いたままトイレに行くのはとくに危険です。

盗まれた携帯はすぐに初期化されて、ローカルマーケットで売られてしまい2度と戻ってきません。

スリ対策:ジプニーで財布や携帯は出さない

セブ島にはジプニーという現地の人がよく愛用している乗合バスがあります。

乗る際に財布や携帯を出していると盗まれる可能性70%!

特にスマホは狙われやすいのでジプニーの中では携帯や財布は出さないようにしましょう。

財布はジプニー用の小銭入れを持ち歩くと安心です。

スリ対策:高価なものを身につけない

高価なものは身につけないようにしましょう。

実際に盗まれなくても、ターゲットにされやすくなります。

日本人にありがちなのが、周りを気にせずに高価なネックレスやブレスレットを付けてローカルな場所に行くこと。現地の人からすると高価な物は目立ちます

盗まれるだけで済めばまだいいですが、それ以上危険なことに巻き込まれないように最初から高価なものは身につけない方が安全ですよ!

スリ対策:大金は持ち歩かない

大金は持ち歩かない方がいいです。

気をつけていても気持ちが緩んだときに、盗まれてしまった!なんてこともあります。

その際に大金が入っていると、余計にダメージは大きいですよね。

必要な範囲で現金は持ち歩きましょう。

セブ島の治安:まとめ

セブ島の治安・スリ事情について今回はまとめてみました。

以下の6点を気をつけて過ごしましょう。

  1. 鞄は目の届く範囲に!
  2. ポケットに何もいれない!
  3. 机に貴重品を置かない!
  4. ジプニーで貴重品を出さない!
  5. 高価なものを身につけない!
  6. 大金を持ち歩かない!

実際にセブ島だけではなく他の国にいく際は日本のように安全ではありません。

常に自分の身は自分で守るという意識をして、気をつけていれば大丈夫です。

気をつけながら楽しみましょう〜^^

-セブ島情報
-