MENU
– ARCHIVE –

シングルマザーになって良かった7つのこと【現役シンママが語る】

シングルマザーの世間のイメージは、

「大変そう…」
「辛そう…」
「かわいそう…」
「苦労してるだろうな…」

というマイナスなイメージが多いですよね。

旦那さん仕事ですか?」と聞かれて
私シングルマザーです!」というと

あ…なんかごめんなさい

なんて謝られることもしばしば。

私からすると、
え?なんでー!謝らないでー!幸せだからーー!
という感じです(笑)

以前こんなツイートをしたところ大反響がありました。

国や文化によって、考え方が違いますが、日本はとくにマイナスなイメージが多いです。

シングルマザー=大変
というイメージなのは分かります。

実際に収入も自分の給料だけしかなく、家事も育児もひとりでこなすのはハイパーメンタル鍛えられる至難の技です。

ですが「ごめんなさい…」と謝られたり
マイナスなイメージ以外にも

シングルマザーって自由なんだ!!
こんなに幸せそうに過ごしてるんだ!!
むしろ私もシングルマザーになりたいわ!←

って思えるような部分もたっくさんあるんです!

実際に先程のツイートのコメントにも、「私もシングルマザーになってよかった」という内容のものがたくさんありました!

そこで今回は小学5年生の娘をもつ、シングルマザー歴10年の私が、シングルマザーになってよかった7つのことを紹介しちゃいます。

この記事は3分で読めます。
MENU

シングルマザーになってよかったこと7選


私はシングルマザーになって約10年になります。

19才で未婚で娘を産んで、娘が5才の時に付き合ってた人と結婚し、約1年で離婚してシングルマザーになりました。

未婚の母、結婚生活、ワンオペ育児の経験もあるシングルマザーなんです。

そんな私は日々「シングルマザーって最高」と思って生活しています。

なんで私がそう思うようになったのか?
その7つの理由をみなさんにシェアします。


①ご飯を作る手間がかからない


まずひとつめは、ご飯を作るのが楽になったということです。

夫がいないと、自分と子供の分を作るだけでOK!

量は少なくていいし、品数で文句を言われることもない。

結婚してた時は、夫の好き嫌いが激しく、ご飯のメニューを考えるのが大変でした。(ボリュームも考えなきゃいけないし…。)

なのでシングルマザーになってからは、ご飯を作るのが楽になり、ストレスフリーになったんです。

最近はスーパーでお惣菜を買ってきて、ドーンと食卓に出すだけの時もありますが、娘は大喜びです(笑)

お惣菜っておいしいよね〜

②何かをやるのに許可がいらない


「何かやるのに許可をとらなくていい」だけでママの生きる自由度があがります。

とくに金銭面で夫に依存していると、何か物を買うときに許可が必要だったり、旅行に行くこともお願いしないといけません。

小さなことでも、常に夫の存在を意識して行動するのは疲れますよね…。

夫を意識しなくていいというマインドになっただけでも自由度が増しました!

私はセブ島移住やセブ島親子留学の経験があるのですが、もし結婚してたら絶対に経験できなかったことです(笑)

関連記事: シングルマザーのセブ島親子留学【体験談・費用・英語力の成長は?

③夫婦の悩みから開放された


次に「夫婦の悩みから解放された!」ということです。

どんな夫婦にも悩みがあったり、喧嘩をしたりすることはあると思います。

価値観のちがう他人といっしょに住むということは簡単ではありませんよね。

もちろん乗り越えていくこともできますが、私の場合は無理でした…。

浮気、喧嘩、ワンオペ育児、夫の弁当を毎朝5時に作ったり…自分のペースよりも夫のペースに合わせて生活していたんです。

なので離婚してからはそういった悩みから全て解放されて、自分の人生を目一杯生きれるようになりました!

④夜のひとりの時間が幸せ


私がすきな時間のひとつは、子供が寝たあとのひとりの時間です。

誰にも邪魔されることなく、本当の意味でひとりの時間を味わえるので、好きな本を読んだり、勉強をしたり、映画を見たりできます。

結婚していた時は、どうしても夫の存在が気になっていました(笑)

そもそも小さな家に住んでいたので、声も聞こえるし、完全にひとりっていう空間がなかったんです。 (お互いさまですが)

今はひとりの時間が増えて、将来のことや、今すべきことを考えるスペースが生まれました。

⑤子供との絆が深まる


次にシングルマザーになると、子供との絆がさらに深まります。

ひとりで子供を育てていく!」という覚悟があるので、よりいっそう子育てに真剣に向き合うようになります。

そして「子供に寂しい思いをさせたくない」と思い、いっしょに過ごす時間を大切にします。

私は親子で英語学習をスタートし、留学をしたことで、英語学習の大変さをシェアしたり、お互い励まし合うことができる関係になりました。

距離が近すぎて依存関係になるのはよくないですが、絆が深まることで子供は何かあったときに親に頼れるようになります。

⑥ママが自立できる


自立するということは人生においてとても大切なことです。

シングルマザーになると、自分の収入だけで家計をやりくりしたり、自分で物事を判断したりと、よくもわるくも全て自分次第になります!

最初は大変だと感じるかもしれませが、慣れていくと自分で決定する喜びを感じられます。

どんな問題も自分で解決できるようになり、強くたくましくなります。

生活面でおきる小さな出来事でも、

虫が出たけど、自分でどうにかする。
重たい荷物、誰も運んでくれないから運ぶ。
家具買ったら自分で組み立てる。

無理でしょ…と思いつつも、やってみると案外できるじゃん!って思います(笑)

時には頼ることも大切ですが、精神的に自立できると、自分に自信がつきます♪

⑦すきな服を着れる自由!


本当に自分がすきな服を選んで着ることで、自分らしさを取り戻すことができます。

結婚しているとつい夫の好みや、妻としての立場を考えた服装を選びがちです。

ですがシングルマザーは、誰の好みに合わせることもなく自分の好きな服を選べます。

私自身、結婚していた時は、夫の好みに合わせてシンプルな服装ばかり選んでいましたが、離婚してからは大好きなミニスカートを履いています(笑)

だれかに合わせていると自分のすきなものすら、自然とわからなくなってしまうものです。

自分のすきな服装を知ることで、本来の自分らしさを取り戻すことができて、幸福感が味わえます♪

結果:シングルマザーになったら自由が増えた!


いかがでしたか?

シングルマザーになるということはとても勇気のいることです。

金銭面や子供の子育てに対する不安もあると思います。

それでもひとりで育てると決めた母親は素晴らしく、強く、たくましくなるんです。

自分で選んで、考えて、決定して未来をプランしていくことに自由になった幸せを感じるでしょう。

まだまだマイナスなイメージが多いシングルマザー。

それでも幸せだと感じられる要素もいっぱい詰まっていることがわかっていただけたと思います。

これからシングルマザーになる方や、すでにシングルマザーの方のお役にたてれば幸いです。

あわせて読みたい
【資格なしOK】転職10回したシングルマザーがおすすめする仕事3選 資格ないけど安定した職に就きたい。できれば土日は休みたい。子供がいる環境を理解してほしい。 今回はそんなお悩みに答えます! わたしは小学5年生の娘をもつアラサ...
あわせて読みたい
シングルマザーの子育てが辛いと感じる5の瞬間と【解決法】 そんな悩みを抱えている方もいると思います。 シングルマザーになると自分で決めたからといって、家事、育児、仕事のすべてを1人でこなすことは決して簡単ではありませ...

人気テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

MENU
閉じる