親子移住

フィリピン・セブ島の生活費月10万円です【親子移住】

今回は、セブ島での生活費っていくらかかるの?という質問に答えていきます。

フィリピンの私立の小学校に通う、9才の娘と二人暮らしです。
↓お部屋はこんな感じです。

生活の仕方によって、バラバラだとは思いますが参考にしてみてください。

フィリピン・セブ島1ヶ月の生活費

3ヶ月の平均で計算しています。

ざっとこんな感じです(フィリピンペソ)
日本円での記載は下記に書いていきます。

約、倍にした金額が日本円になりますので以下のようになります。

いろは
いろは
ただ倍にしただけやんけ!

約10万円ですね。

ちなみに学費は今回含んでいません。

学費についてはこちら。

それでは詳しく内容をみていきましょう。

セブ島:1ヶ月の食費


10,000ペソ、約20,000円

娘は毎日弁当・おやつを持参
私は同僚と毎日ランチへ
夜ご飯は週4で外食

娘は私立の小学校に通っていて毎日弁当でしたが、たまにサボりたい時は80ペソを持たせて学校のローカルランチを食べてもらう時もありました。

私は会社で毎日フィリピン人の同僚とローカルで激安のランチをしたり、日本人スタッフと日本食にいったり、ひとりカフェをする時も。

夜ご飯はかなり作るのがめんどくさいので家の目の前にあるナイトマーケットで食べる事がほとんどでした(笑)

それでも2万円に食費が収まっているので安いですね。

セブ島:1ヶ月の交通費


2,000ペソ 約4,000円

ほとんどバイクタクシー
雨の日だけタクシーに乗る

交通費はかなり乗るものによって、差が出てくると思います。

私の場合は娘と二人でバイクタクシーに乗ることがほとんどなのでタクシーの半額ぐらいの値段で移動できてしまうのです。

フィリピン・セブ島でバイクタクシーに乗る方法!これを読めば安心!バイクタクシーに挑戦したいけど乗り方が分からない【実際の乗り方、値段交渉、注意点】を全てまとめました。...

ローカルのジプニーや、バスなどを使うともう少しやすく済む場合もありますし、逆にタクシーしか使わない場合はもう少しかかります。

ひとみ
ひとみ
といっても日本よりはだいぶ安いね

セブ島:1ヶ月の消耗品費用


2,000ペソ 約4,000円

洗剤系や、ティッシュ、トイレットペーパーなどはフィリピンの安い物を使用しています♪(特にブランドへのこだわりがない為)

娘と二人ということもあり、一度買うと結構持つのでそこまで消耗品にコストがかかることはありません。

セブ島:1ヶ月の家賃


17,000ペソ 約34,000円

プール付きのコンドミニアム
お部屋はスタジオタイプ

24時間フル稼働しているビジネス街、レストランも沢山あり便利なITパークという地域に住んでいます。

コンドミニアムは、日本でいうマンションと同じでセキュリティガードいるので安全面ではかなり安心できます。

1階にはプールも付いていて、この値段なので安いですね。

セブ島1ヶ月の電気代

2,500ペソ 約5,000円

毎日エアコン生活
寝ている時もエアコンON
平日のお昼はたまに家政婦さんが付けてる程度

セブ島は常夏なので、ご存知の通り暑いです。

窓が1つしかないスタジオタイプのお部屋なので風はまったく通りません。

なので、夜でもエアコンをずっと使用しています。

日本と比べても少し高いか、それ以上の場合もありますね。

セブ島1ヶ月の水道代

500ペソ 約1,000円
電気代に比べて水道代はかなり安いんです。

ひとみ
ひとみ
初めは電気代の高さと比べてびっくりでした

セブ島:家政婦さんの給料


6,000ペソ 約12,000円

家政婦さんは平日週5で働いてくれています。この値段で家事を手伝ってくれているのですごく助かっています。

家政婦さんについての詳しい記事はこちらから。

フィリピン・セブ島で家政婦さんを雇う時の注意点まとめセブ島移住を考えている方は家政婦さんを雇う予定だと思います。安くてかなり助かる家政婦さんの存在ですが注意点もまとめたのでご覧ください。...

セブ島:インターネット料金

1,800ペソ 約3,600円

ワイファイ会社はPLDTという会社を利用しています。

どのプランを選んだのか忘れてしまいましたが、使用したい量(無制限もある)によって値段が変わってきます。

私はこの値段のプランで無制限ではありませんが毎日ユーチューブを利用しても、サクサクでした。

セブ島:携帯代金

500ペソ 1,000円

SMARTのSIM使用
1週間ごとに99ペソのプランを購入

携帯代は日本にいる時と比べてかなり激安なのです!

購入するプランによってさまざまですが私はこの99ペソのプランを1週間に1回購入しています。

その他:生活費

5,000ペソ 約10,000円
その他の生活費は、服や娘の文房具、美容院などです。

服はローカルの服屋さんで買うと1着300ペソ(約600円)で買えるので毎月2着くらい買っています。

もちろんH&MやZARAで買うと服代は変わると思いますがそこはご自由に!笑

美容院は2ヶ月に1回、韓国美容院で2,000ペソで染める程度です。

娘の文房具や欲しいものは、必要に応じて買っています。

いろは
いろは
たまーにね

セブ島:生活費まとめ

いかがでしたでしょうか?

こちらは私の生活水準に合わせた上での平均金額ですので、もっとフィリピン人寄りの生活をすれば安くなりますし、逆に日本食を毎日食べたい!となると高くなると思います。

どこに住んでいてもそうだとは思いますが、少しでもセブ島生活を考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

ABOUT ME
HITOMI
HITOMI
フリーランスとして田舎を拠点に働くシングルママ。小学4年生の娘とセブ島親子留学4校経験、セブ島に9ヶ月間住んでいました。子育て、執筆、映像作成、SNS運用などいろんなことに挑戦しています!
こちらの記事もおすすめ!