セブ島親子留学|完全攻略ガイド【元留学カウンセラーのママが紹介】

おやこ

こんにちは!セブ島親子留学を4校経験、9ヶ月間滞在していたシングルマザーのひとみです。

今回はセブ島親子留学に興味がある方向けに これだけ見ればセブ島親子留学について分かる という記事をかきました。

セブ島親子留学という言葉は聞いたことがあっても、実際に行ったひとのリアルな情報がないと不安ですよね…。

さらに日本とはまったくちがう環境で英語を勉強するので、想像しにくいとおもいます。

なのでこの記事では、留学のイメージが湧きやすいように写真を多く使って紹介していきます。

参考になれば幸いです

-2021年11月現在 休校中 –

YouTube動画でも、配信しています!
» 2020年 親子留学3校行ってきた様子

MENU

セブ島ってどこ?

フィリピン

セブ島はフィリピンにある7,107個の島のうちのひとつで、ビサヤ諸島にあります。

日本からは約5時間で行けて、時差も1時間しかないので子どもにも負担が少なくて安心!

さらにセブ島は常夏なので、年中プールや海が入り放題!子供も大人も楽しめますよ。

セブ島に行くときの注意点

セブ島注意点

セブ島に行くときに注意したいことが2つあります!それは治安水事情です。

ローカルな場所にいかない限り、歩いているだけで危険ということはありませんがスリは多発しています。

財布を置きっぱなしにしたり、スマホをポケットに入れて歩いたりするのは辞めましょう!

水も日本のように綺麗ではありません。水道水は飲まないように気をつけてくださいね。

かな〜り渋滞します!笑

セブ島の渋滞

セブ島親子留学とは

セブ島親子留学
Kredo kids

セブ島親子留学は、親子で語学学校に行き、英語のレッスンをそれぞれ個室で受けるシステムのこと。

学校によっては子供向けのグループクラスもありますが、大人はマンツーマンレッスンが多いです。

滞在先は語学学校の寮、提携しているホテル、コンドミニアムなどがあり、そこから学校へ通います!

真剣に勉強中…!

セブ島親子留学
First English

セブ島親子留学:対象年齢

セブ島親子留学の子供の対象年齢は、学校によって変わります。

赤ちゃんと一緒に留学できる学校では、生後6ヶ月から受け入れているところもありますよ!

といっても赤ちゃんはレッスンを受けられないので、シッターさんが面倒を見ててくれている間に、ママはマンツーマンレッスンを受けることになります。

子供にもレッスンを受けさせたい方は、3才からレッスンが受けられる学校が多いですよ。

画像で見れる親子留学まとめ

セブ島親子留学の体験談

ジョリビー

セブ島親子留学にはじめて行ったのはわたしが25歳、娘が小学1年生のとき。

2018年1月から1ヶ月間滞在しましたが、わたしたち親子にとって一生忘れられない思い出になりました。

超絶平凡なママ、海外初めての娘にとっては刺激たっぷりの時間だったんです(笑)

その時の体験談と、どれくらい英語が伸びたのかを以下の記事で紹介しています。

それから日本に帰国したもののセブ島が大好きすぎて、1年後に勢いで娘と移住しました

9ヶ月のセブ島生活を経て帰国し、それからまたセブ島へ親子留学!行きすぎですね!

個人的には家政婦さんのいる語学学校が新鮮で、ママも英語に集中できるのでいいなと思いました!

▼さらにセブ島親子留学をした3つの学校を比較した記事もあるので参考までにどうぞ。

何度か親子留学に行ってみて思うことは「留学の良さは英語を勉強することだけじゃない」ということ。

英語を話したいなら、正直日本でも話せます。それでも留学に行くのは現地の文化を知ったり、現地の人と仲良くなったり、あたらしい発見があるからです。子供にとっても、親にとってもかけがえのない経験になりますよ。

おやこ

はやくまたいきたいな〜!

セブ島親子留学の1日の過ごし方

セブ島親子留学

セブ島親子留学の1日の過ごし方を紹介します!

学校によっては親は午前中だけ、親子で6時間などバラバラですが、基本的には自分でコースを選択できますよ!

今回は以下の記事で、わたし達親子がはじめて親子留学に行った時に過ごした1日の流れを30枚の写真付きで紹介します。

セブ島親子留学の費用

セブ島親子留学費用

次に、セブ島親子留学の費用について紹介しますね。

今回は親子2人で留学した場合の費用になります。(基本的に分割払いは出来ません。)

おやこ

滞在先が寮なのか、コンドミニアムなのか、ホテルなのかによって費用がだいぶ変わりますよ!

期間費用(寮)費用(コンドミニアム or ホテル)
1週間約 15万円約 25万円
2週間約 23万円約 35万円
1ヶ月約 45万円約 55万円
留学先の平均で計算
現地で学校に支払うもの

SSP(特別勉強許可証)6,800ペソ(約15,550円)を、授業を受ける人数分支払う必要があります。

別途必要な費用
  • 航空券 / 1人5万円〜
  • 海外旅行保険 / 1万円〜
  • その他(外食やお出かけ) 1週間3万円〜

寮の場合は授業料、食事代、滞在費が含まれています。

一方コンドミニアムやホテル滞在の場合は、滞在費、授業料は含まれていても食費は別の場合が多いですよ!

物価は安いですが、マリンスポーツに行きすぎると財布の中身が空っぽになるので注意が必要(笑)

セブ島親子留学もちもの

セブ島持ち物

私たち親子が、セブ島親子留学に行く時に実際に持って行ったもちものを紹介します。

その中でもとくに持ってきたよかったものは以下の5つ。

  1. 体温計
  2. ふりかけ
  3. 保冷できる水筒
  4. ウェットティッシュ
  5. ポケットティッシュ

小さい子供がいる方はウェットティッシュは必須

フィリピン料理は脂っこいものが多くベタベタになります。基本的におしぼりもないんです…。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてくださいね!

セブ島親子留学メリット

セブ島プール

セブ島親子留学のメリットを、親目線子ども目線で紹介します。

ママ目線:メリット
  • 費用が安い
  • 日本から直行便がある
  • フィリピン人が子供にやさしい
  • マンツーマンレッスンがある
  • 子供と一緒に英語を学べる
ひとみ

メリットはやっぱり安くマンツーマン授業が受けれること!

英語を人前で話すレベルじゃなくて恥ずかしかったので、グループクラスは嫌だ…と思っていました。

他の国はグループクラスが多く費用も高いんです。セブ島は安いのにマンツーマンなので先生とも濃い時間を過ごせます。

さらにフィリピン人はフレンドリーで子供にも優しいので安心して見守ることができます。

子供目線:メリット
  • 先生がやさしい
  • いつでもプールに入れる
  • ゲームセンターが安い
  • 安いからママが色々買ってくれる
iroちゃん

先生と友達みたいになれたのが嬉しかった。いっしょにダンスしたのもいい思い出だよ。

あとはプールと海にいつでも行けるのは楽しかったなー。お菓子が1個20円くらいで買えて、いつもよりママがたくさん買ってくれたw

親が感じるメリットは安く、効率的に学べること

子供と一緒にいくと費用が2倍かかってしまうので、費用を抑えつつも親子別でしっかり英語の授業が受けられるのはよかったです。

子供が感じるメリットはやっぱりプールや海にいつでも行けることでした(笑)

セブ島親子留学デメリット

デメリット

セブ島親子留学のデメリットを親目線子ども目線で紹介します。

親目線:デメリット
  • 日差しがめっちゃ強い
  • 慣れない環境で子供が風邪ひく
  • ローカルな地域は、用心する必要あり
ひとみ

フィリピンは日本と違い発展途上国というのを忘れてはいけません。命の危険を感じることはありませんが、スリや置き引きには注意が必要です。

子供目線:デメリット
  • 授業が座りっぱなしだと飽きる
  • 渋滞しすぎてつかれた
iroちゃん

ずっと座りっぱなしのレッスンは正直疲れたよ。学校内を歩いて物隠しゲームをしたり、ママたちに英語でインタビューしたりする授業はたのしかったけどね!

物隠しゲームの様子

やっぱり子供はじっとしているのが苦手なので、座って行うレッスンよりも、動いて英語を身につける方が楽しかったみたいです!

海外保険と病院について

セブ島病院

慣れない土地で体調を崩すこともあるので、海外保険は必ず入っておきましょう!

保険会社はエージェントで紹介してくれるところもありますが、手数料を上乗せされて高くなる場合があるので個人で入るほうがおすすめです。

クレジットカードに付いている海外保険もセブ島で使用できます。その際は家族連帯保証が付いているか確認してくださいね。

ひとみ

私は家族連帯保証付きのアメリカン・エキスプレスのセゾンゴールドカードを使用して娘の海外保険も適応させています。

実際にセブ島に滞在していたときに、娘が風邪をひいて病院にいきました。

そのときにカードを使用して無料で受診することができたので安心でした。

海外保険を利用するために、カード会社の連絡先はメモしておきましょう!

病院は語学学校が紹介してくれる

行く病院の場所は滞在する地域によって変わります。学校ちかくの病院をスタッフが紹介してくれたり、週1で学校に医師が来てくれるところもあります。

体調が悪くなったときの対応は、事前に語学学校のスタッフに確認しておくと安心です。

セブ島市内に滞在の方はセブドクターのジャパニーズヘルプデスクに行く方がほとんど。日本語で対応してくれます。

» ジャパニーズヘルプデスク公式HP

セブ島親子留学への申し込み方法

親子留学申し込み

セブ島親子留学への申し込み方法は2つあります。

  1. 直接学校に連絡する
  2. エージェントに頼む

エージェントは手数料無料がほとんどなので、どちらから申し込んでも大丈夫です!いろんな学校を比較したい方はエージェント、学校と直接やりとりがしたい方は直接申し込むことをおすすめします。

エージェントを利用する際は、セブ島に行ったことがない人に頼んでしまうと治安の悪い地域を把握していない恐れがあるので注意してください。

2021.11月 エージェントも学校紹介を中止しています。

セブ島親子留学に行く前やっておきたいこと

親子留学に行く前にやっておきたいことは、英語の基礎を身につけることと、会話の練習です。

急に英語しか話せない環境にいくと、どうしても焦って英語が出てこないことがります。

そのため留学に行く前から英語に触れる生活をしておくといいですよ。

よかったら 家にいながら出来る英語の勉強法5つ も参考にしてみてくださいね!

子供用の英会話もありますよ。

食べておきたいフィリピン料理

フィリピン料理

セブ島が大好きなわたしたち親子がおすすめするフィリピン料理を紹介します!

せっかく行くなら、日本料理よりも現地の食べ物を楽しみたいですよね^^

iroちゃん

わたしはレチョンがいちばんすき!

  • シニガン スープ
  • チャプスイ 野菜炒め
  • パンシット 焼きそば
  • シシグ ひき肉みたいなもの
  • レチョン 丸1匹の豚
  • トルタンタロン 茄子と卵
  • ハロハロ 紫芋アイスなど
  • マンゴー 新鮮でサイコー!

スワイプしてチェック>>

セブ市内で行っておきたい場所

セブ市内に行くなら、行っておきたい場所を紹介します!(ほとんどレストランですが…w)もちろん子連れOKですよ!

  1. ピラミッドレストラン
  2. ナイトマーケット
  3. La Vie Parisienne

❶ピラミッドのレストランはITパークというエリア内にあります。ピザ、パスタ、フィリピン料理も味わえます。

❷ナイトマーケットはセブ市内とマクタンエリアにあります。雰囲気もよく、大勢の人で賑わいます。

❸ワインのレストランですが、ジェラートや、ピザなどの軽食もあり子供も楽しめます!ワインの種類の多さにはびっくりしますよ!

セブ島のファストフードと言えばジョリビー

セブ島に行くならやってほしいこと8選!

まとめ:セブ島親子留学の再開はいつ?

セブ島親子留学の再開の目処はまだ立っていません。観光客の受け入れがもうすぐ再開されると噂がありますが、フィリピンはコロコロ情報がかわる国なので、様子見ですw

また詳しい情報が入ったらこちらの記事を更新していきますね!

おやこ

それでは、早く行ける日がくることを祈って…♡

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ひとみ
アラサーシングルママ
「やってみなきゃわからない」がモットー。なんでも挑戦!の精神でたまに考えずに行動してしまう(笑)セブ島留学 / 移住 / 海外就職経験!現在フリーランスとしてブログとオンライン英会話教室を運営している11才の娘と暮らすズボラママ。
MENU
閉じる